北海道の鉄道巡り

北海道にはよく行ってますが、今回は鉄道スポットに焦点を当ててまわりました。

新千歳に降り、まずは廃線間近の留萌本線、増毛駅を目指します。
本数や接続の関係もあり、8時前に北海道着いたのに、増毛に到着したのは13時近く。
お昼を取りながら2時間滞在。バスで留萌に移動します。
14639210430.jpeg

留萌駅からは少し距離がありますが、ここには現存する唯一のD61がいます。
ちなみに留萌駅内にはD61を含め留萌本線にまつわる写真等が展示されていました。


留萌からはひたすら移動し札幌でフォロワーさんと夜を食べそのまま泊まり。
翌日は朝一の特急で帯広を目指します。

帯広からはレンタカーを借り、周辺を回ります。
まずは通り過ぎた新得に向かいます。新得にもレンタカー屋があればいいのにね。
帯広駅からは55kmくらい、新得駅からは1kmほどの新得山スキー場入口です。列車内からも姿を確認できますね。


そのまま国道38号を登っていくと、石勝線開通に伴い無くなってしまった根室本線の旧線新内駅跡があります。


帯広に戻りお昼には名物豚丼。美味しかった!
午後はまず鹿追町へ。道道54号経由で35kmくらいの北海道拓殖鉄道鹿追駅跡に向かいます。駅跡はバスターミナルになっていますが近くの公園にハチロクがいます。公園というより広場なので場所がわかりにくいです。鹿追町総合スポーツセンターを目印に来るといいかもしれません。


鹿追からは糠平方面を目指し、道道85号を進みます。然別湖あたりまではわりと行きやすいですが、その先は道が狭いですね...途中で珍客にも遭遇したりして。
14639206970.jpeg

糠平のさらに先、国鉄士幌線の幌加駅跡は、整備されており、雰囲気がいいですね。


来た道を戻り、有名なタウシュベツ橋梁の展望台へ。この近くで数日前に熊出没したという注意書きがありましたので足早に。


糠平市街に引き返し、糠平駅跡へ。ここは資料館になっていますが開館時間に間に合わず...


山を下り、上士幌町の中心部へ。


さらに下り士幌町へ。


さらにさらに下り音更町へ。


いよいよラストスパート、音更から帯広市街を突っ切り、国鉄広尾線幸福駅跡へ。


もうひとつ、愛国駅跡も。


という一日移動しっぱなしで帯広駅に戻りますが、最後は特急で釧路に向かい、翌日の始発で根室を目指します。
根室でもレンタカーを借り、一駅戻る形で東根室駅へ。これで東西南北すべての鉄道駅に行ったことになりました。


鉄道巡りはこれで終了。帰りの飛行機は釧路空港からなので根室から釧路まで向かいます。150kmくらいあるとは...
少し寄り道しながら帰ります。





北海道は食べ物はおいしいし、地域によって見るところは尽きないしいいですね。また来ます~
14639249830.jpeg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅがー

Author:しゅがー
Twitterメインで更新していますがこちらでもよろしくお願いします。

Twitter
リンク
カテゴリ
最新記事
応援中!
『まほ×ろば』を応援しています! 『忘却執事と恋するお嬢様の回想録』を応援しています! あざらしそふと零「ヤミと祝祭のサンクチュアリ」 【アオイトリ】応援バナー 『Making*Lovers』を応援しています! 夜巡る、ボクらの迷子教室 2017年秋発売予定 CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中! インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』 『なちゅらるばけーしょん』を応援しています!
最新コメント
月別アーカイブ
来場者
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる